PEANUTS

SHOP

SHOP

コラム COLUMN

きみはいい人、チャーリー・ブラウン

2021.04.05

日比谷シアタークリエで2021年4月11日(日)まで上演中のブロードウェイミュージカル『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』。

3月29日に行われた、囲み取材とゲネプロにおじゃまさせていただきました!

PEANUTSギャングとの新たな出会い

1967年にオフ・ブロードウェイで初上演され、その後ブロードウェイミュージカルとして人気を博した『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』。

さぁ、どんなPEANUTSギャングに出会えるのでしょう♪♪期待で胸がいっぱいです!

キャストのみなさんをご紹介☆

東京会場は日比谷にあるシアタークリエ。

奥に見えるのは、スヌーピーファンにはすっかりおなじみの帝国ホテル 東京です。

シアタークリエ入口のウィンドウには、ポスターやPEANUTSギャングのPOPが並んでいます。

よく見ると、それぞれのPOPにサインが書かれています♪

とっても嬉しいおもてなしですね。

素敵なサインを、囲み取材でお伺いしたキャストみなさんの意気込みとともにご紹介させていただきます♪♪

それではこちらの「いい人」、我らがチャーリー・ブラウンから!

かわいらしさがピッタリ!

チャーリー・ブラウン役の花村 想太さん♪

「上演できることが本当に幸せ。一生懸命演じて、みなさんにハッピーを届けたい。」

かみしめるように公演への深い想いをお話された花村さん。

ジグザグ模様の黄色いお洋服が実に良くお似合いです!

続きましてライナス!!

サインにはスマイルマーク付き!

ライナス役の岡宮 来夢さん。

「緊張でいっぱいですが、ライナスをより愛してもらえるように頑張ります!」

もうすでに、毛布がすっかり体の一部のようです♪

こちらはルーシー!

がみがみ屋さんのルーシーを演じるのは宮澤 佐江さん♪

「嘘なく、素直に。ルーシーとして生きる日々を楽しみたいです」と笑顔でご挨拶。

舞台に登場した宮澤さんがルーシーそのものでびっくりしました☆

お次はサリー!

思わずハグしたくなるような、サリー役の林 愛夏さん!

「子どもの動きを勉強して、たくさん練習しました。注目して見ていただけたら嬉しいです。」

わぁ、どんなサリーに出会えるのかな♪とっても楽しみ!!

そしてこちらはシュローダー。

芸術家肌のシュローダー役は植原 卓也さん。

「登場する曲がどれもポップでとても楽しい。6人の良い空気感で伝えられたら。」

出演者のチームワークの良さがうかがえるコメントが嬉しいです♪

そして最後はスヌーピー!

2017年の上演に続き、2度目のスヌーピー役となる、中川 晃教さん!

「毎日完璧を求めていく中で、いつも新しい発見があるとっても奥深いミュージカル。6人が全身全霊で取り組んでいる姿と、かわいさをお届けできたら嬉しいです。」

奥深さとかわいさ!

みなさんからしっかりキャッチしながら楽しみたいな!!

囲み取材で見せていただいた最高の笑顔と……。

チャーリー・ブラウン役の花村さんからのしめくくりの一言に、一層期待が膨らみました!!

「素敵な時間が待っているとお約束できる自信作です。そのひとときをぜひぼくたちに預けてください!」

はい!みなさんにこのひとときを託します♪♪

ステージがはじまる!

いよいよ開演を迎えます。

どきどきしちゃいます。

そして始まったステージは……。

オープニングナンバーからとっても軽快で、体が自然に動いてしまう♪♪

さっきまで〇〇役の〇〇さん、と思って見ていたみなさんが、もうすっかりPEANUTSギャングになっています!

歌唱力とビジュアルのすばらしさに一瞬うるっとしてしまうほど。。。

シーンを彩るセットやちょっとした小道具も、コミックの世界観があふれていて、どんどんその魅力に引き込まれていきます。

スクールバスもご覧の通り♪♪

どこのシーンを切り取っても、まるでコミックのひとコマそのもの。

チャーリー・ブラウン……。

応援しているよ、がんばって!とエールを送りたくなったり。

シュローダーのクールで繊細な様子や、ルーシーのストレートな感情に、このふたりは本当にいつも通りだなぁ、なんて思ったり。

初めて出会ったミュージカルの感動と、いつもの面々に当たり前のように触れ合っているような感覚が交差していく不思議な心地よさ!

サリーと、ばぶーちゃんことライナスのひとコマも。

何より、とにかく、キャストのみなさんの声や表情や……。

その雰囲気のすべてが、とにかく役どころそのものなのです。

ふと目を閉じても、声や動く音だけでキャラクターを感じることができるほど!

歌って、踊って……。

コミックに登場するさまざまなシーンが次々とやってきて、流れるようにストーリーが紡がれていく!

ルーシーのがみがみ屋さんが際立ったり、ライナスが必死で毛布を守ったり。

ごはんを忘れられているスヌーピーといっしょにやきもきしたり。

はりがね作品の採点の低さに、先生に持論をぶつけるサリーを見て、「さすがサリー!子どもなのになんて弁が立つのかしら!!」なんて思ったり。

学校嫌いのサリー。この時こんなに一生懸命怒っていたんだ……かわいい。。。

かと思えば、兄であるチャーリー・ブラウンに対してこの態度。

がんばれ、チャーリー・ブラウン!

はっ、また応援しちゃった。

そうそう、悩んだときはここに行くのよね。

ルーシーにさらっと相談にのってもらうのもおなじみのひとコマ。

このあともちろん、5セントを要求されていました♪

スヌーピーは、水とごはん、今日はお皿の色を入れ替えて使おうかと考えているシーンも。

さぁ、どうする?スヌーピー!!

シュローダーはルーシーそっちのけでベートーヴェンへの想いに夢中!

その熱意に思わず共感してしまいました。

続いてこちらはラッパを鳴らして、虫取り網を持つスヌーピーとサリー。

何を見つけに行くところかわかりますか?

答えは『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』オフィシャルTwitterのつぶやきの中にありますよ♪♪

そうそう!見られるといいなぁと思っていたベースボールチームのシーンも登場!

全てがもれなく見所!といった感じでした。

PEANUTSギャングから出てくる奥深い言葉のひとつひとつが、それぞれの声で胸に刻まれました。

これは、きっと一生の宝ものになる!!

素晴らしいキャストのみなさんによる、楽しくって大満足のひととき!

あぁ、なんという素晴らしい時間を過ごしたのでしょう!!

上演前に花村さんがおっしゃっていた「素敵な時間が待っているとお約束できる自信作です」の言葉は本物でした♪

もういちど、見たい。。。

コミカルなシーンでは大人や子ども、どちらからも同じように笑い声が聞こえ、世代を超えて楽しめることがよくわかります♪

舞台が終わっても、余韻が心から離れません。

お友だちと感想を話していても、「こんなに素晴らしいとは思わなかったわ!」とついついルーシーのような口調になったり……。

「公演プログラム?見たいにきまってるじゃない!」とサリーっぽく言ってみたり。

PEANUTS LOVERS CHALLENGEを受ける前にミュージカルを見ていたら、あと3点は多くとれたはずだよ……。」などと、チャーリー・ブラウンっぽく強気の負け惜しみを言ってみたり!

会場を出てもう一度PEANUTSギャングが並んでいるウィンドウを見ると、出演者のみなさんのコメントがモニターに流れていました。

この余韻をどうしよう。。。

という方はぜひ、目と鼻の先の近所の帝国ホテル「パークサイドダイナー」へ♪

シアタークリエでの上演期間中4月11日(日)まで、公演を記念して期間限定ドリンク「チャーリー・ブラウンのカプチーノ」を販売中ですよ。

詳しくはこちらのコラムをご覧くださいね。

『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』は、東京公演以降、大阪、愛知、長野での公演を予定しています。

スケジュールやチケット情報は公式サイトをご確認ください。

あぁ、もう一度見に行きたい!!

PEANUTSファンのみなさんに、心からおすすめできるひととき!

この気持ち、ぜひぜひたくさんの方に感じていただきたいです♪

ブロードウェイミュージカル

『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』

公式サイトはこちら

オフィシャルTwitterはこちら

東京公演:日比谷シアタークリエ

2021年3月30日(火)~4月11日(日)



大阪公演:サンケイホールブリーゼ

2021年4月15日(木)~18日(日)



愛知公演:日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール

2021年4月20日(火)

長野公演:長野市芸術館 メインホール

2021年4月23日(金)