最終回のミュージアムへ。ぬいぐるみと一緒に編 | SNOOPY.co.jp:日本のスヌーピー公式サイト 
2018.05.03

最終回のミュージアムへ。ぬいぐるみと一緒に編

最終回のミュージアムへ。ぬいぐるみと一緒に編

先日ご紹介した「最終回のミュージアムへ。」の最後に、ちょこっと登場していた「あの子」といっしょに!

プチ続編のはじまりはじまり♪

いっしょに、会いに。

スヌーピーミュージアムで開催中の最後の特別展示。

「FRIENDSHIP IN PEANUTS~ともだちは、みんな、ここにいる。」を、スヌーピーと一緒にぬい撮りをしながら巡ってみました!

届いてから、いつも、いっしょ。

「あの子」が一体何者なのかというと。

実は、PEANUTSの日本公式ファンクラブ「PEANUTS FRIENDS CLUB」の入会特典として我が家に届いた「きせかえスヌーピー」なのでございます!

足の裏の赤いタグがファンクラブの目印、そう「フレンドシップの証」です。

私のスヌーピーは、アーリー会員特典の赤い蝶ネクタイでおめかしをしています♪

今日は取材なので、手作りカメラもつけてきましたよ。

同じぬいぐるみなのに…。

どうしたことでしょう、私のスヌーピーの方が可愛く思えます(※個人の感想です)。

ちなみに、「PEANUTS FRIENDS CLUB」には、ミュージアムに関する特典や優待情報もあるので要チェックですよ♪

それではさっそく巡ろうかな。

と、ぬい撮りといえば、まずこれが大事!

公共の場所などでぬい撮りをするときは、念のため係の方に声をかけておくと安心。

特にお店などではご自身のぬいぐるみが商品と紛らわしくないように!をじゅうぶん気を付けたいですね♪

ということで、スタッフさんに「ぬい撮りしてもいいですか」とご挨拶♪♪

記念写真もさせていただきました!

「可愛いですね」と優しくしていただいて、とっても嬉しい♪

これからこのスヌーピーに色々なふれあいがあるといいな。

ホールへ、いっしょに。

ではでは早速ホールへ。

ジーン・シュルツさんとスヌーピーが記念写真を撮っていた「ピーナッツ・ギャングのレンガ壁」でパチリ。

ここは抜群のフォトスポットになりそうですね。

常設されているシュルツさんのお写真も素敵。

じっくり目に焼き付けておかないとね。

展示も、いっしょに。

さぁ、ここからさらに、仲間たちがいっぱいです。

ずらりと並んだウッドストックたちとは、こんなお写真が撮れました。

良い感じ♪

谷川俊太郎さんの書き下ろしの詩も、スヌーピーと一緒だと、また一味違う響きで心に染みてくる気がします。

あたたかい言葉たちです。

他の方のお邪魔にならないタイミングを見計らって、こんなお写真も。

そっとたたずむ。

さらにこんなお写真も。

ちょこん。

遠くから見ると、これまたなんともいじらしい。

そんな様子を見ていたプロのカメラマンさんと、おこがましくもカメラマン同志のようなお写真を撮らせていただきました!

光栄です♪

小さい頃からスヌーピーの大ファンで、お母さまはファンクラブにも入っていらっしゃるそう。

楽しいひとときが嬉しかった。

ぬい撮りをしていると、こういう出会いがまた幸せ!です。

いつも、いっしょに。

そんな一言を見つけて、ほんとうにここはそういう気持ちになれる場所だなぁ、としみじみ感じつつ。

様々な空間を楽しんで、あのもふもふとも記念撮影。

よく見ると、もふもふにスヌーピーが描かれています。

実はこれ、ピーナッツ絵本のイラストレーションなどを手掛ける、クリエイティブ・ディレクターのペイジさんが、手でささっと描いたものだとか。

沢山の方が触れるもふもふ。

ひとときの貴重なアートでした。

この絵を消さないように気を付けつつ、裏側のもふもふもを、もふもふ同士で満喫!

もふー。

もふもふー。

大きいねぇ。

それもそのはず、これには「ビッグハグ」というお名前があるのですよ。

このエリアには、シュルツ美術館が所蔵する最古のPEANUTS原画もありました。

museum_final04-144

2013年に開催された「スヌーピー展」以来2度目の来日。

これもスヌーピーと一緒に見ると、感慨ひとしおです。

シアターも気になりつつ♪

沢山楽しんだあとは、お買い物に行きましょう!

お買い物も、いっしょに。

まずはBROWN’S STOREのスタッフさんに「このスヌーピーとぬい撮りをします♪」と一声ご挨拶♪♪

そして、たくさんのスヌーピーたちにビックリした感じ、とか。

バニーたちに笑顔でご挨拶をしている感じ、とか。

可愛くディスプレイされた仲間たちと目が合いました、という感じとか。

いろいろなお写真を撮りました。

ここにいるスヌーピーたちも、これからみんなそれぞれ優しい人のもとで過ごせますように、など思いながら。

なお、お写真のアイテムたち、お品切れの際はご容赦くださいねm(_ _)m

そして。

続いてカフェにも行ってみました。

カフェも、いっしょに。

Cafe Blanketの新しいメニューはどんな感じかな~。

「シュローダーのベリーパンケーキ」ですって!

うほー。美味しそう!!

ベリーたっぷり!パンケーキにはピアノを弾くシュローダーの姿が。

「ユードラのパープルサンデー」もとってもキュート!!

フォトプロップスもあるので、SNS映えするお写真がたくさん撮れそうです。

そして、これ!これ!!

「スヌーピーのミルクセーキ」♪

スヌーピーの背中のブチがイメージされています。

ブチのツーショット!!

可愛いです。

お外でテラス席の気持ちよさもレポート♪

今度はゆっくりお食事に来ようっと。

お仕事も、いっしょに。

プレスデーのこの日はたくさんの取材が行われていました。

インターネットやテレビ、雑誌などなど、みなさんのお目に留まることがあるかと!

ぜひご注目を♪

大勢のメディアの方々に囲まれていたスヌーピー。

取材後は、わたしたちにもちゃんとご挨拶してくれました。

スヌーピーって、本当にいつもジェントルマンです!

ミュージアムには。

閉館に向けたファイナルカウントダウンのボードが用意されていました。

チケットブースでみなさんをお出迎え。

ご来館の際はチェックしてみてください。

公式FacebookTwitterでも、9月24日の閉館まで日々ボードのお写真が更新されているので、ぜひご覧くださいね。

帰りももちろん、いっしょに。

さぁ、撮りたいだけ撮りました。

満足です(笑)。

ぬい撮り、楽しいです!

ミュージアムスタッフのみなさん、ありがとうございました♪

お外に出てフードトラックもパシャリ。

フォトプロップスたちともパシャリ。

どこかしこも撮影のベストスポット。

それがスヌーピーミュージアム!!

閉館前に、また絶対、新しい思い出を作りに来よう。と思いました。

 

ミュージアムはいよいよ2018年9月24日まで。

みなさんもどうぞお早めに、PEANUTSの仲間たちにたくさん会いにきてくださいね。

スヌーピーミュージアム

住所:東京都港区六本木5-6-20

電話番号:03-6328-1960

営業時間:10:00~20:00

WEBサイトはこちら 

最終回のミュージアムへ。ぬいぐるみと一緒に編

この記事が気に入ったら いいね!してね

snoopy

おすすめの記事

PAGE TOP